この家に引っ越してきて今年で2年目。去年はこんなトラブルはなかったのですが、今年はアリが家の中に入ってきて困っていました。アリ対策は、トラップを買ってきて対応することもできるのですが、なんでも手にとって触ってしまう幼児がいるのでそうはいかず、家にあるもので対応してみました。

まず、玄関の近くに集まっていたアリは、食べ物ではなく、ただ単にドアの隙間からぞろぞろと入ってきているのがわかったので、アリが入ってくるところにコーンスターチをまいてみました。最初の日はまだ、中に入ってきてしまっているアリの対応が必要だったのですが、新しいアリがそこから入ってこなくなったので、2日目にしてアリ退治を成功しました。しかし、喜んでいるのもつかの間、行く先を失ったアリたちが、どこからか家の中に侵入してきて、あっという間に2階がありだらけになってしまいました。

このアリたちはどこから入ってきたのか不明だったので、コーンスターチでは対応できず、罠を作ってみました。アリ退治のことを調べたら、まずはアリの習性をよく知る必要があるそうです。アリは、一つの巣から何匹ものありが出てきて食べ物を探しています。しかし、すべてのありではなく、巣で待っているアリもいるのです。食べ物を見つけると、アリはその場で食べるのではなく、巣に持ち帰って、仲間と一緒に食べます。なので、このアリが持ち帰る食べ物に罠をしかけることで、巣全体から退治することができるのだそうです。アリは、家に入ってきたものだけに目を取られていたら、永遠に退治はできないようです。

そんなことから、ヨーグルトのカップにはちみつと、洗濯洗剤(無臭)を入れて、おいておいてみました。すると、半日もしない間に大量のアリがはちみつに集まってきました。中にははちみつの中におぼれて死んでしまっているアリもいました。それを見た時には、こんなにアリを呼び寄せてしまって大丈夫なのかと心配にもなったのですが、結果は大成功で、次の日にはアリがいなくなったのです。

家の中を歩いているアリが気になる時には、スプレーボトルに水とラベンダーオイルまたはミントオイル、ティーツリーオイルを数的入れたものを拭きかければ速攻で退治することもできます。が、やはり、アリ対策には、巣から退治するか、もしくは通路をふさぐかのどちらかで対応できるようです。

アリ対策


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です