春になり、気温が暖かくなると、畑の植物も、草花が育ちます。そして、それと共に、雑草も育ちます。

畑の中に出てくる雑草は、小さいうちに地道に抜いていくしかないのですが、玄関周りや窓の近くなど、畑以外の雑草対策を幾つか見つけました。

雑草対策その1
シートをしいて石を敷き詰め、雑草が 生えてこないようにする。庭全部にこれをするわけにはいかないのですが、部分的に石の部分を作れば、そこから雑草が生えてこないようにし、さらに、綺麗に石を並べれば見栄えもよくなります。

雑草対策その2
人工的なスプレーをするには、子供やペットがいる家ではちょっと心配ですよね。そんな時に使えるのがビネガー(酢)なのです。コンクリートの間から生えてくるたんぽぽなんかには、ビネガーをかけておくと根から枯れてくれます。雑草がはえてくる前にビネガーをまいておくのもひとつの手段かもしれません。

雑草対策その3
塩でスプレーを作る。塩水も、濃度の濃いものだと雑草対策になるそうです。濃度の濃い塩水をスプレーに入れて、雑草の生えてきやすい場所にスプレーします。ただし、畑の中や、他の植物がある場所では、大事な植物も枯らしてしまう可能性があるので要注意ですね。

娘は、たんぽぽが大好きで、お庭の畑に向かって綿毛を思いっきり吹いて飛ばしています。

たんぽぽ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です