子供たちが自由に遊ぶことができて、なおかつ大人もリラックスできる空間。

家族みんなが過ごすリビングルームを、少し模様替えしてみました。リビングは、家族みんなが過ごす空間なのですが、どうしても子供のおもちゃが広がり、大人がリラックスできる空間が少なくなってしまう傾向があります。子供のおもちゃが無駄に広がるのを防ぐために、まずはリビングに置く子供のおもちゃを限定してみました。

まずはリビングにあるおもちゃすべてを一か所にまとめて、その中から、子供がよく使っているもののみを選び、残りはクローゼットと物置へ。使っていないおもちゃは、しばらくしまって、今使っているおもちゃをあまり使わなくなったら出してこようと思います。そして、子供が自分で片づけやすいように、子供がわかりやすいようにしまう場所を明確にしてみました。リラックスできる空間は、綺麗に整頓されていて、使いやすいものが使いやすいようにしまってあること、そして無駄なものがなくすっきりとした空間が理想です。大人のものも、もう古くて読まない雑誌や新聞は処分し、普段読んでいるものだけをマガジンラックにしまいました。

ソファの場所も置き場を変えることで、リビング全体を広く使うことができるようになりました。娘はこの模様替えに大喜びしてくれました。おもちゃの片づけは娘が幼稚園に行っている間にしてしまい、残りの家具の移動なんかは幼稚園が終わった後の時間にしました。お片付けの場所も教えてあげたら、おもちゃを使うたびにきちんと片づけてくれるようになりました。新しい空間が嬉しいから、というのもあるのかもしれません。みんなが過ごす空間だから、みんなが気持ちよく過ごすことができるように、綺麗にしておこうね、という話をしたら、小さなほうきを持ってきて、お掃除までしてくれました。大掃除した後の難関は、「綺麗を維持すること」なのですが、娘の協力あれば維持できるのではないか、と期待しています。

リビング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です