保健師さんの話を聞く機会があり、現代の子供たちのあり方について聞いてきました。

その話によると、iPadやインターネット、ゲーム、テレビなどが普及している現代の中で、どのような子供が育っていくのか、ということです。私は、子育てはできるだけ自然の中で、子供と一緒に野菜を育てて食べ物がどうやってテーブルに来るのか学んだり、電子機器ではなくて、自分が子供の時にしていたように、自然の中で思い切り遊んで育ってほしいと願い、この田舎町に引っ越してきました。

娯楽だけでなく、キッチンや家の中でも便利な電気製品が発明され、販売されることで、人は努力をしなくても何かを得ることができるようになってきています。例えば子供のおもちゃ。音を出すのが楽しい年齢の子供に、どのようなおもちゃを与えたら良いでしょうか?電池で動くおもちゃは、ボタンを押すだけで楽しい音楽が流れてきて、子供たちの注意をひきつけます。それに対して、電池のない木のおもちゃなどは、自分でたたいたり、ふったりしなくては音がでません。

つまり、音を出すという楽しみを得るためには、おもちゃを動かすという「努力」が必要になるのです。ボタンを押すだけで楽しい音楽が出てくるおもちゃは子供にとってもとても魅力的で、親としても子供がよく遊んでくれるので助かるといったところがあります。しかし、このような電池で動くおもちゃで育った子供たちは、努力をしないで何かを得ることができることを学んでしまい、その結果、生きるための力が失われてしまうというものなのです。

これからさらに時代は進み、さらに便利な商品が出てくるでしょう。便利なものを使って快適な生活をするのも良いですが、それでもやはり、自然の中で生きていくことの大切さを忘れずに子供たちにも伝えていきたいです。

この保健師さんは、普段は企業保健師をしながら、働く社員が健康に過ごせるようにサポートしているそうです。
ストレスを軽減するための方法のひとつとして、人間らしい生活をする、というのも大切だそうです。

企業保健師の転職サイトでは、保健師の転職活動もサポートしているそうです。
健康な生活には必要な保健師も、現代ではまだまだ必要とされているとのことでした。

畑のにんじん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です