私が子供の頃には、まだ電子レンジなんて言うものが家庭に普及していませんでした。それでも問題なく暮らせていたはずなのですが、一度電子レンジがやってくると、冷凍食品が便利に使えるようになり、肉まんやあんまんも手軽に食べられるようになります。

ちょっとお湯がほしい時も、電子レンジで水を温めればやかんを使うことなく手軽にお湯を作ることができます。最近では、離乳食のレシピを見るとほとんどのレシピが電子レンジを使ってイモ類を柔らかくしたり、冷凍した離乳食を電子レンジで温めたりするようです。しかし、この電子レンジ、とても便利なのと同時に、とても危険であることをご存知でしょうか?電子レンジは、マイクロ波を使って食べ物を温めます。

このマイクロ波が実はからだに悪影響を与えてしまうのです。電子レンジで温めることで、殺菌することができます。なので、落としてしまったお弁当を電子レンジで温めると殺菌して食べられるようになります。しかし、電子レンジのマイクロ波は、菌だけでなく、食べ物に含まれている栄養まで殺してしまうのです。

つまり、「電子レンジで温めた食べ物には栄養がない」ということになります。恐ろしいことに、これを知らずに育ちざかりの赤ちゃんや子供の食事を温めるのに積極的に電子レンジを使っている人も実は多くいます。電子レンジがからだにどういう影響を与えるのか、植物にあげる水を使って実験した人がいます。

同じ植物をふたつ用意し、ひとつは普通の水道水、もうひとつは電子レンジで温めて冷ました水を与え続けます。すると、なんと水道水を与えていた植物は元気なのに、電子レンジで温めた水を与えていた植物は10日もしないうちに枯れてしまうのです。電子レンジは便利なので我が家でも時々使うことがありますが、家族の食事にはできるだけオーブンや鍋で温めるようにしています。

microwave water


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です