この家に引っ越してきて今年で2年目。去年はこんなトラブルはなかったのですが、今年はアリが家の中に入ってきて困っていました。アリ対策は、トラップを買ってきて対応することもできるのですが、なんでも手にとって触ってしまう幼児がいるのでそうはいかず、家にあるもので対応してみました。

まず、玄関の近くに集まっていたアリは、食べ物ではなく、ただ単にドアの隙間からぞろぞろと入ってきているのがわかったので、アリが入ってくるところにコーンスターチをまいてみました。最初の日はまだ、中に入ってきてしまっているアリの対応が必要だったのですが、新しいアリがそこから入ってこなくなったので、2日目にしてアリ退治を成功しました。しかし、喜んでいるのもつかの間、行く先を失ったアリたちが、どこからか家の中に侵入してきて、あっという間に2階がありだらけになってしまいました。

このアリたちはどこから入ってきたのか不明だったので、コーンスターチでは対応できず、罠を作ってみました。アリ退治のことを調べたら、まずはアリの習性をよく知る必要があるそうです。アリは、一つの巣から何匹ものありが出てきて食べ物を探しています。しかし、すべてのありではなく、巣で待っているアリもいるのです。食べ物を見つけると、アリはその場で食べるのではなく、巣に持ち帰って、仲間と一緒に食べます。なので、このアリが持ち帰る食べ物に罠をしかけることで、巣全体から退治することができるのだそうです。アリは、家に入ってきたものだけに目を取られていたら、永遠に退治はできないようです。

そんなことから、ヨーグルトのカップにはちみつと、洗濯洗剤(無臭)を入れて、おいておいてみました。すると、半日もしない間に大量のアリがはちみつに集まってきました。中にははちみつの中におぼれて死んでしまっているアリもいました。それを見た時には、こんなにアリを呼び寄せてしまって大丈夫なのかと心配にもなったのですが、結果は大成功で、次の日にはアリがいなくなったのです。

家の中を歩いているアリが気になる時には、スプレーボトルに水とラベンダーオイルまたはミントオイル、ティーツリーオイルを数的入れたものを拭きかければ速攻で退治することもできます。が、やはり、アリ対策には、巣から退治するか、もしくは通路をふさぐかのどちらかで対応できるようです。

アリ対策


最近、友達に洗濯洗剤の作り方を教えてもらい、使いはじめました。作り方もとても簡単で、一度材料をそろえてしまえばかなり長いこと使うことができるので、経済的でもあります。

必要な材料はこちら。

ホウ砂(BORAX)
Washing Soda
好みの石鹸ひとつ

使う道具は、すりおろし器とフードプロセッサー。そして作った洗濯洗剤を入れるための容器。

作り方もとても簡単です。

まずは、石鹸をすりおろし器でおろします。そして、すべての材料をフードプロセッサーにかけて粉々にします。
しいて、気を付けることを言うと、かなり粉粉になり、鼻や口に飛んで入ってくる場合もあるので容器に入れる時にちょっと気をつける、といったところでしょうか。

たったこれだけで、環境にもお財布にも優しい洗濯洗剤が作れてしまうのです。

ホウ砂(BORAX)は、環境に優しい洗剤として注目されているようで、洗濯洗剤の他に、BORAXがあれば、食器洗剤なんかも作ることができてしまうのです。

手作りの洗剤なら、お肌に悪いものも含まれていないのでお肌にも優しく嬉しいですね。

しみがひどい洗濯ものは、重層をかけて少しの水につけておいてから洗濯をするとかなり綺麗になります。

洗濯洗剤


子供たちが自由に遊ぶことができて、なおかつ大人もリラックスできる空間。

家族みんなが過ごすリビングルームを、少し模様替えしてみました。リビングは、家族みんなが過ごす空間なのですが、どうしても子供のおもちゃが広がり、大人がリラックスできる空間が少なくなってしまう傾向があります。子供のおもちゃが無駄に広がるのを防ぐために、まずはリビングに置く子供のおもちゃを限定してみました。

まずはリビングにあるおもちゃすべてを一か所にまとめて、その中から、子供がよく使っているもののみを選び、残りはクローゼットと物置へ。使っていないおもちゃは、しばらくしまって、今使っているおもちゃをあまり使わなくなったら出してこようと思います。そして、子供が自分で片づけやすいように、子供がわかりやすいようにしまう場所を明確にしてみました。リラックスできる空間は、綺麗に整頓されていて、使いやすいものが使いやすいようにしまってあること、そして無駄なものがなくすっきりとした空間が理想です。大人のものも、もう古くて読まない雑誌や新聞は処分し、普段読んでいるものだけをマガジンラックにしまいました。

ソファの場所も置き場を変えることで、リビング全体を広く使うことができるようになりました。娘はこの模様替えに大喜びしてくれました。おもちゃの片づけは娘が幼稚園に行っている間にしてしまい、残りの家具の移動なんかは幼稚園が終わった後の時間にしました。お片付けの場所も教えてあげたら、おもちゃを使うたびにきちんと片づけてくれるようになりました。新しい空間が嬉しいから、というのもあるのかもしれません。みんなが過ごす空間だから、みんなが気持ちよく過ごすことができるように、綺麗にしておこうね、という話をしたら、小さなほうきを持ってきて、お掃除までしてくれました。大掃除した後の難関は、「綺麗を維持すること」なのですが、娘の協力あれば維持できるのではないか、と期待しています。

リビング


久しぶりに電子レンジを使おうとしたところ、故障していることに気づきました。たい焼きをいれて、タイマーをセットして、タイマーが切れたのでたい焼きを取りにいったところ、なんと全然温まっていたなかったのです。

タイマーが動いていたので普通に動いていると思ったのですが、もう一度試してみたところ、タイマーは動いているのに中のターンテーブルが回らずに、食べ物も温まっていません。ターンテーブルを一度持ち上げてもう一度セットしたところ、一度は動いたのですが、次はまた動かず、ターンテーブルを外してセットする、というのを毎回すれば使えるような感じです。それでも、あまり無理をして使うと、何となく怖いので、電子レンジは使わずにオーブンで温めました。

電子レンジは、もともとからだには良くないので子供や家族の食事、料理には使わないようにしていたのですが、子供が寝て夜しずかになった時に、ちょっと何か飲み物やおやつを温めるのに使っていました。飲み物は鍋でも温めることができて、食べ物も、ちょっと時間をかければオーブンで温めることができるのですが、やはりないとなると何となく不便なところ。修理をすることも考えているのですが、古い電子レンジなので修理にお金を使うか、もしくは新しいものを購入するかどうか迷っています。

オーブンはキッチンに内臓したものを取り付けたので、新しいのを購入するとしても電子レンジ機能だけのシンプルなもので大丈夫そうです。そう考えると、あまり高いものでなくても新しいものを購入することができそうなので、やはり修理よりも新しいものを購入しようかと思います。電子レンジについてですが、電子レンジは毎日の料理に頻繁に使うととてもからだに悪いのです。電子レンジには殺菌効果がありますが、必要な栄養も奪ってしまうので、電子レンジで温めた食べ物は、基本的には栄養がないのです。なので、子供の食事を作る時は電子レンジを避けるのが無難です。

たい焼き


8月も最後の週になり、いよいよまた来週から幼稚園が始まります。これまで使っていたお弁当箱もあるのですが、最近娘はよくおにぎりを食べているので、お弁当にも便利なおにぎりケースを買いました。これまで使っていたお弁当箱と併用して使い分けていけそうです。おにぎりの時には、おにぎりケースとおかずに分けて、サンドイッチやふりかけごはん、そぼろごはんの時にはお弁当箱で。

おにぎりケース

冬になるとアルミのお弁当箱を温蔵庫で温めてくれるので、それまでの間はおにぎりケースを沢山使いたいと思います。また、秋には遠足もあるので、遠足の時にはやっぱりお弁当箱よりもおにぎりケースが活躍してくれそうです。娘はおにぎりを食べるだけでなく、作るのも好きです。私がおにぎりを作っている時にキッチンにやってきて、一緒に作りたいと言い始めたのをきっかけに、自分のおにぎりを自分でにぎるようになりました。

あんぱんまんのおにぎりを作ることができる型もあるのですが、それよりも自分でにぎったおにぎりがいいようです。中に梅干しを入れたり、昆布を入れたり、最初は上手にできずにはみ出してばかりだったのですが、それでも自分で作ったおにぎりが嬉しくてよく食べていました。おにぎりを作るのが楽しすぎて、夜ご飯に出すおわんのごはんも、テーブルで食べながらおにぎりにしてしまいます。ダメだと言ってもやるので、最近はテーブルに手を洗う水をボウルに用意しておにぎりを作りながら食べています。ある程度、作りたいだけ作ったらブームも落ち着くと思うので、それまでは好きなだけ作らせてあげようと思います。

話は変わりますが、今朝は珍しい通行人をみました。通行人と言っても人ではないのですが、シカの親子です。最近は山が削られて動物たちの住む場所が少なくなっており、普段なら近づかない民家のあたりにも動物たちが下りてくるようです。シカならまだかわいいで済むのですが、クマなんかが出てきたら怖いなあと思います。娘は、珍しい通行人に大興奮でした。


今週は、いとこ家族が遊びに来ました。この田舎町に引っ越してから、いとこ家族が遊びにくるのは初めてです。いとこにも娘と同じくらいの女の子がいるので、子供たちも楽しく過ごしていました。引っ越してきてから、庭もかなり整い、子供たちが遊ぶにもぴったりの場所となっています。いとこが遊びにきたのは、子供たちが夏休みだから、というのと、もうひとつはいとこがこれから転職するので、ちょうど区切りの良い時だったみたいです。

いとこの職業は介護士。これまで介護の仕事を続けながら新しい資格の勉強を続け、ついに資格を取ることができたそうで、それをきっかけにスキルを生かした仕事をしたいようです。そんな話をしながら一緒に介護士の求人の検索をしていました。便利な世の中で、インターネットがあると本当に手軽にいろいろな情報を見つけることができます。そんな中で見つけたのが、介護転職エースというサイト。ここには、求人情報、というよりも、介護士の転職活動をサポートしてくれるサービスが集まっていました。私は介護士ではないので正直詳しいことはわからないのですが、最近では求人情報を紹介したり、転職活動をサポートしてくれるサービスがインターネット上でも簡単に見つかるようです。

転職活動や就職活動のサポートというと、ハローワークが主だと思っていたのですが、インターネット上で見つけるサービスなら実際に足を運ばなくても良いので便利ですね。私はもう少し娘が大きくなるまでは専業主婦のつもりでいますが、娘が大きくなるのもあっという間だと思うので、今から少しずつ先のことも考えていきたいところです。子供たちは、庭で遊び、畑の野菜を一緒に収穫し、一緒に料理をして田舎生活を楽しみました。キャンプ、というほどではないですが、こうして自然に触れ合いながら過ごす時間は、子供たちにとっても良い経験で、楽しいものなんじゃないかと思います。いとこ娘と遊びまわったあとの一日は、あっという間に眠りについてくれました。

ままごと

 


毎日娘の幼稚園に行くのに使っている自転車。昨日は何の問題もなく使っていたのに、今日は突然登園途中にパンクしてしまいました。

自分でチェックしたところ、特に何かが刺さっている様子はないのですが、タイヤが完全にパンクしてぺたんこになってしまい、自転車に乗ろうとしてもハンドルをコントロールすることができません。これで娘を乗せたまま転んだり事故に合わなくてよかった、と思うのですが、娘を幼稚園に連れて行かないといけないこの状況でどうしたら良いのか途方に暮れていると、すでに幼稚園にお友達を送ってきたお母さんが通りかかってくれました!そして、なんとラッキーなことに、その人の家は街の自転車屋さんです。

パンクして困っていることを話すと、すぐに旦那さんを呼んでくれました。そして自転車は友達の自転車屋さんへ運ばれ、私は娘を抱いて幼稚園にダッシュ。そんなこんなの朝だったので、幼稚園には遅刻してしまったのですが、まだ朝のお集まりが始まっていなかったので先生にも挨拶することができました。自転車の心配までしてもらい、感謝です。

タイヤがパンクしてしまった時、車ならJAFを呼べばすぐに来てくれるのですが、自転車だと保険に入っていても誰かに電話をしてすぐにかけつけてくれるという訳ではないので、友達が通りかかってくれて本当に助かりました。娘を幼稚園に連れて行った後にはまたダッシュで今度は友達の自転車屋さんへ。修理も早く、自転車屋さんに到着したころにはタイヤはあともう少しで治るところでした。

そしてせっかくの機会なので、自転車が治るまではお茶をすることまでできました。幼稚園のお友達のお母さんたちとは、なかなかこうしてゆっくり時間をとって話すことがなかったので、自転車がパンクしてある意味良かったと思います。自転車のパンクの原因は、まめに空気を入れていなかったことが原因のようでした。空気がぬけている状態のまま乗り続けると、こういった突然のパンクに見舞われるようです。そんなこんなですが、自転車は無事に治り、幼稚園のお迎えにはまたいつものように自転車で行くことができました!

紅茶


都会の忙しさから離れてのんびりとした田舎町に引っ越してきて、新居に移りながらもこれまで使っていたインターネットと同じものを引き継いで使っていました。引っ越す前には特別問題なく使っていたのですが、新しい家とは相性が合わないのか、ブログの更新にも時間がかかったり、何かを調べようと思ってもページが異動するのにだいぶ時間がかかっていました。これもまあ仕方ないと思って使っていたのですが、旦那が光回線の情報を耳にしてきました。

私はパソコンは使えるものの、インターネットには詳しくないのでそんなことも知らなかったことが恥ずかしいのですが、どうやら光回線にすればインターネットのスピードとやらが速くなり、ブログの更新も早くなるというのです。光回線を取り扱っているプロバイダも調べてみたらいろいろとありました。光回線のプロバイダランキングでは、光回線を取り扱っているプロバイダを比較するのでかなり参考になりました。

同じ光回線でも、プロバイダによって速度や質、料金なんかも変わってきます。パッケージになっているプランもあり、どれにするかはまだ考え中です。

先週まいたオジギソウは、約1週間でようやく芽をだしてくれました。発芽までの期間がおおよそ1週間ということは知っていたのですが、もしかしたら芽が出ないかもしれない、、なんて考えながら毎日願いを込めて水やりをしてきました。双葉が出てくれれば、あとはしっかり水をあげて、適度に太陽にあてて育てるのみ。子供の頃に大好きだったオジギソウ、これからの成長が楽しみです。インターネットが光回線になったら写真のアップロードも早くできるようになりますように。。。

オジギソウの芽


都会を離れて田舎町に引っ越してきてからは、お庭の畑や自然の空気、自給自足のような生活を楽しんでいます。自然の中で生活を営むことで、家族で生きることを楽しんでいると感じることができるとともに、子供の教育にもとても良いものだと思っています。

しかし、そんな田舎町の生活にも不便なことが実はあるのです。田舎町には、自然が豊かにある代わりに、お店の数がとても少なく、ちょっとの外出も車である程度の距離を走らせる必要があります。食材なんかの買い物は、できるだけまとめて数日分購入して、外出する日を減らしたりもしているのですが、うっかり買い物忘れがあると大変です。都会での生活では、すぐ近くにスーパーがあったので、買い忘れがあってもすぐに走ることができたのと、仕事帰りに旦那に買ってきてもらうこともできました。

しかし、今ではスーパーに行くのに車で30分かかるので、買い物忘れはできるだけ避けたいものなのです。勿論、家の近くにはコンビニもありません。家から一番近いコンビニもやはり、車で30分程度かかります。光熱費などの支払いはできるだけ銀行に足を運ばないでもできるようにオンラインで支払いを済ませます。野菜が足りない時には、畑が豊かな季節はちょっと庭に出るだけで食べ物があります。それでも、卵や肉、豆腐なんかの食材はやはりお店に行かなくてはいけません。

田舎町での生活は、できるだけ自然と触れ合って、自然な生活を楽しみたいと思っていますが、そんな生活の中で役に立っているのが時代の最先端でもあるインターネットなのです。インターネットがあることで、料金の支払いをすることができたり、オンラインショッピングで買い物をすることもできてしまいます。そしてまた便利なのがiPadなのです。iPadの中にはスケジュールやレシピ、写真、メールなどなど、何をするにもiPadが役に立ってくれます。その代り、携帯電話はやめて今は家の電話だけにしました。

写真は、昔祖母の家で使われていた懐かしい黒電話です。

黒電


田舎町に引っ越してきてまだ間もない気がするけれど、家の中のセッティングから始まり、庭の畑づくり、娘の新しい幼稚園など、いろんなことがありました。こうして振り返ってみると、なんだかこの場所にはもっと前からいたような気にもなってしまいます。

この家も、家族といろいろと計画を立ててローンを組んだ訳ですが、いろいろと調べていたら、ふと住宅ローンの借り換え比較サイトなんていうものを見つけてしまいました。ローンを組んだ時には、いつも利用していた銀行がおすすめするタイプのローンを組んだのですが、こうしてみてみると、実はもっと幅広い選択肢があったんですね。正直、恥ずかしい話ですが実は私はローンのことについてはわからないことが沢山あるのですが、どうやらすでにローンを組んでいる場合でも、借り換えることができるようだという情報も見かけました。

ローンを借り換えることで利子を削減したり、何かしらお得になるのであれば、借り換えたいですよね。旦那にも相談してみようと思います。今の家は、庭も大きくてとても気に入っています。出窓があるので、そこに植物を飾れるのも嬉しいところです。これから娘が成長していくこの家も、大切にしていきたいところです。

出窓の植物


娘の幼稚園も始まり、田舎町での生活にもだいぶなれてきたように思います。
ここではお庭での畑も楽しみつつ、おやつ作りも楽しんでいます。
以前住んでいたところにはオーブンがなかったので、作れるものと言ったら限られたものだったのですが、オーブン料理も楽しみたかったので、新居のキッチンにはオーブンが内臓されています。

オーブン

内臓されているので無駄に場所をとることもなく、必要な時にオーブンを手軽に使うことができるので、料理をするのもまたいっそう楽しくなります。楽しく料理をして、家族がおいしく食べてくれたら最高ですね。オーブンを使ってよく作るのはマフィンです。

娘が好きなマフィンはバナナのマフィン。普段はバナナだけですが、時々スペシャルということで、チョコレートチップを入れることもあります。おやつも、買わないで自分で作ればおいしいだけでなく、ヘルシーなおやつを楽しむことができます。

バナナのマフィンは、娘が喜んで食べるだけでなく、私の午後のコーヒーの時間のおともにもなっています♪コーヒー好きの私には、コーヒーと一緒に楽しむ甘いものが欠かせません。甘いものを食べるということは、当然一緒にいる娘もほしがるので、できるだけ子供が食べてもヘルシーな甘いものを食べるようにしています。

娘には、できるだけ自然に触れて、食べ物も、料理も、一緒に作ることを楽しんでいけたらと思っています。特にマフィンつくりは娘も喜んで参加してくれます。

甘いものを食べるには努力も必要ということで笑。

私が材料を図って、娘が材料を混ぜる。そしてマフィン型に流し込んでオーブンで焼く!

クッキーも好きなのですが、マフィンはボウルひとつで、材料を混ぜたらすぐに焼くことができるので手軽なんですね。クッキーを作る時には冷凍できるアイスボックスクッキーを作り、食べたい時に必要な分だけカットして焼いています。焼きたてのおやつは最高ですね。